環境マスター概要

「環境プランナー」、「環境プランナーER」、「環境マスター」のメンバーの位置付けは、下記のようにその思考方向および活動方向を想定しております。

「環境プランナー」は、環境配慮活動における知識を実際に現場で運用可能な「知恵」に昇華させていく講座および研究会で研削を積むメンバー。
グローバルで捉え、ローカル(企業や地域)へと思考を移行させていきます。
(大企業、大企業サプライチェーン、中小企業、研究者向け)

「環境プランナーER」は、環境配慮活動における「知恵」を実際に活用し、社会および地球の環境を保全・改善させていく講座および研究会で研削するメンバー。
グローバルで捉え、ローカル(企業や地域)へと思考を移行させ、実際に活動していきます。
(大企業、大企業サプライチェーン、中小企業、研究者向け) 
 
「環境マスター」は、環境プランナーERで得た「知恵」を、人間社会中心としてだけではなく生物多様性の中で思考し、「自然との共生を前提」とした経済モデル・地域モデルを進めていく
講座および研究会で研削を積むメンバー。
ローカル(地域を中心に企業も包含)の諸問題を、グローバルな視点で思考し、実際の活動の糸口を探していきます。
(地域、行政、中小企業、個人事業主、研究者向け)

 

​環境プランナー協議会

〒071-1423 北海道上川郡東川町東町3-4-5

E-MAIL env.p.center@gmail.com

Copyright(C)2022 The Environmental Planner Conference All rights reserved.