TOP設立趣旨会則メンバー一覧実践事例環境プランナーとは講座案内研究会等リンクお問合せ
 
 
第1章 総則
  (名 称)
第一条 本会は、「環境プランナー協議会」(The Environmental Planner Conference :通称 EPC)と称する。
(事務所)
第二条 本会は、主たる事務所を株式会社KTC内に置く。 
(目 的)
第三条 本会は、環境と経済を両立し、持続可能で精神的豊かさを実感できる社会を形成することを目指し、環境プランナーER資格者が協働し、企業及び地域における環境配慮活動を共に推進して行くことを目的とする。
(事 業)
第四条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1) 環境配慮活動推進に関する講演、コンサルティング、調査及び協働
(2) 環境に配慮した新たな製品化、事業化及び企業化の推進
(3) 前号に揚げるもののほか、本会の目的を達成するために必要な事業
 
第2章 会員
  (会 員)
第五条 本会の会員は、環境プランナーER有資格者であることを要件とし、フェロー、チェンジエージェント及びファシリテェィターとする。
(入 会)
第六条 本会の会員となろうとするものは、別に定める参画申請書と本会理事の推薦状を併せ代表に提出し、理事会の承認を得なければならない。
(入会金及び会費)
第七条 会員は、別途定める会員規約に定める会費を納入しなければならない。     
(退 会)
第八条 会員は退会しようとするときは、代表に退会の旨を文書で提出しなければならない。
(除 名)
第九条 会員が以下に該当するときは、代表はこれを除名することができる。
(1) 本会則に違反したとき
(2) 本会の名誉を毀損したとき
(3) 本会の目的に反する行為をしたとき
(4) 会費の納入が、決められた期日までに行われなかったとき
2.前項の規定により会員を除名する場合は、当該会員に、あらかじめ本会の方法論により通知するものとする。  
(会員資格の喪失に伴う権利及び義務)
第十条 会員が第八条又は前条の規定によりその資格を喪失したときは、本会に対する権利を失い、義務を免れる。ただし、未履行の義務は、これを免れることができない。
 
第3章 役員及び監事
  (役員種類及び定款)
第十一条 本会に以下の役員を置く。
(1) 理事20名以下
(2) 監事2名以下
2.理事のうち、1名を代表、1名以上5名以内を副代表とする。
(役員選任)
第十二条 理事及び監事は、総会において、フェローのうちから選任する。
2.代表及び副代表は、理事会において理事の互選によって決まる。
3.理事及び監事は、相互に兼ねることはできない。
(役員職務)
第十三条 理事は理事会を構成し、業務の執行を決定する。
2.代表は本会を代表し、会務を統括する。
3.副代表は、代表を補佐して業務を掌理する。
4.監事は、本会の運営等を適切に監査するものとする。
(役員任期)
第十四条 役員の任期は、2年とする。ただし、再任は妨げない。
(役員解任)
第十五条 役員が次の各号の一に該当するときは、理事会において出席理事数の3分の2以上の議決を得て、当該役員を解任することができる。         
(1) 心身の障害等のため職務の執行に堪えないと認められるとき
(2) 職務上の義務違反その他役員たるにふさわしくない行為があると認められるとき
(役員報酬)
第十六条 役員は、無報酬とする。
 
第4章 会議
  (種 別)
第十七条 本会の会議は、総会及び理事会とし、総会は、通常総会及び臨時総会とする。
(構 成)
第十八条 総会は、フェロー及びチェンジエージェントをもって構成する。なお、議決権を有するのはフェローのみとする。
2.理事会は、理事をもって構成する。
3.監事は、理事会に出席して意見を述べることができる。
(機 能)
第十九条 総会は、本会則に定めるもののほか、本会の方針に関する重要事項を議決する。
2.理事会は、本会則に定めるもののほか、次の事項を議決する
(1) 総会の議決した本会の方針の執行に関すること
(2) 総会に附議すべき事項
(3) 本会則及び総会における本会の方針に基づく重要事項の執行上必要な、本会則細則の規定及び改廃
(4) その他総会の議決を要しない会務の執行に関する事項
(開 催)
第二十条 総会は、毎年1回事業年度終了後2ヶ月以内に開催する。
2.臨時総会は、理事会が必要と認めたとき又は理事現在数の3分の1以上から請求があったときに開催する。
3.理事会は、代表が必要と認めたとき又は理事現在数の3分の1以上から請求があったときに開催する。
(召 集)
第二十一条 総会及び理事会は、代表が召集する。
(議 長)
第二十二条 総会及び理事会の議長は、代表がこれにあたる。
(定足数)
第二十三条 総会及び理事会は、構成員の3分の1以上の出席をもって成立する。
(議 決)
第二十四条 総会及び理事会の議事は、本会則に別に定める場合を除くほか、出席構成員の過半数の同意でこれを決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
(議事録)
第二十五条 総会及び理事会については、次の事項を記載した議事録を作成しなければならない。
(1) 日時及び場所
(2) 構成員の現在数
(3) 出席した構成員の数及び理事会においては理事及び監事の氏名
(4) 議決事項
(5) 議事の経過概要
2.議事録には議長及び出席した構成員のうちからその会議において選任された議事録署名人2名以上が記入押印しなければ ならない。
 
第5章 会則の変更、解散等
  (会則の変更)
第二十六条 本会則は、総会において出席構成員総数の3分の2以上の議決を得なければ変更することができない。
(解 散)
第二十七条 本会は、解散する場合は、総会において出席構成員総数の3分の2以上の議決を得なければならない。
 
附則 本会則は、フェロー及びチェンジエージェントの賛同が得られた平成20年8月1日から施行する。


Copyright(C)2008 The Environmental Planner Conference All right reserved.